【札幌JC】八月臨時総会開催報告

札幌青年会議所で例年開催される、八月「臨時総会」は、本年度と次年度の案件が同時に議題に上がり、本年度が終わりに向う寂しさや、残りの事業を全うしようという意気込みが入り混じる、趣のある総会です。
理事長の藤田真吾君からは「コロナ禍において、変化しなければならない点を見極め、引き続き青年会議所運動にまい進していこう」という意気込みがメンバーに伝えられました。
本年は、緊急事態宣言の影響でWEB開催となりましたが、1月以降、新たに計画が変更になった事業の審議が行なわれたほか、次年度案件では、岩田幸治君が次年度理事長予定者として承認され、理事長所信とともに、次年度へ向けた想いを語りました。
同時に次年度三役も発表され、札幌青年会議所も2022年度へ向けた準備がスタートします。
しかし、2021年度の活動はまだまだ終わっていません!札幌青年会議所の創立70周年記念事業も、先日の理事会で審議を通過し、担当委員会のみならず、多くのメンバーが携わりながら準備を進めています。
本年度を力の限り全うし、最高の形で次年度へ引き継ぐ。そんな想いをメンバーが共有した総会となりました。

関連記事

ご意見・リクエストくだサイ!

新年交礼会特集

  1. 1月30日、一般社団法人美唄青年会議所は新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、例年通りの…
  2. 公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会に所属する全LOMの新年交礼会開催情報です。 ※情報に…
  3. 1月7日、一般社団法人札幌青年会議所は、2021年度新年交礼会をYoutube配信にて実施しました。…
ページ上部へ戻る