【当別】衛生マスクを町へ寄付

新型コロナウイルス感染症の拡大が全国に大きな影響を及ぼす中、北海道内の各地青年会議所でも自分たちの地域に貢献できる取り組みを行っている事例が増えている。

一般社団法人当別青年会議所では、藤原啓輔理事長が発起人となり、当別町商工会青年部・北石狩農協青年部・当別町4Hクラブの青年団体と共同して4月27日にマスク2000枚を当別町役場に寄贈した。
寄付されたマスクは、医療機関や高齢者施設などで活用される(当別町)とのこと。

藤原啓輔理事長は「どの団体も事業やイベントの中止など、活動が出来ない状況ではあるが、何か少しでも、このまちのために出来ることはないかと考えた。今回の私たちの行動がきっかけとして支援の輪が広がること、そして1日でも早く町民の皆様が安全に安心して暮らせる日常を取り戻すことが出来ることを祈念している。」と話している。

一般社団当別青年会議所FaceBookページ
https://www.facebook.com/tobetsujc/


関連記事

ご意見・リクエストくだサイ!

新年交礼会特集

  1. 公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会に所属する全LOMの新年交礼会開催情報です。 ※情報に…
  2. 1月7日、一般社団法人札幌青年会議所は、2021年度新年交礼会をYoutube配信にて実施しました。…
  3. 1月30日、一般社団法人美唄青年会議所は新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、例年通りの…
ページ上部へ戻る