札幌川見2018 ~新たな文化が世代を越えた懸け橋となる~

昨年度、夏の新たな風物詩「川見」として、豊平川に架かる幌平橋をイルミネーションで彩るライトアップを6日間行うとともに、夏の川辺にオープンカフェを2日間設営することにより約3,000人の市民に来場をいただくことができ、「来てよかった」「また訪れたい」の声多く寄せられました。
本年度も「札幌川見2018」として開催いたします。昨年同様、国土交通省北海道開発局 札幌開発建設部と公益財団法人札幌市公園緑化協会と共催し、プロジェクトを通して夏の新たな文化を広めるとともに、(1)川のせせらぎに、ひとが美しさを感じる空間となること(2)川辺が、筆の集まる憩いの場となること、(3)川と共生できる安心安全な環境の整備をすることを目指し、地域の新たな発想と価値を引き出してひとの流れを生み出し、愛郷心と共生意識を育むことを目的として開催します。
ぜひ皆様のご参加をお待ちしております!

公式情報ページ 一般社団法人札幌青年会議所 (http://sapporo-jc.or.jp/2018/news/694.html

テーマ 札幌川見2018 ~新たな文化が世代を超えた懸け橋となる~
◆開催日時:(1)八月特別事業 
2018年 8月18日(土)12:00~21:00
8月19日(日)10:00~16:00
(2)イルミネーション点灯時間
2018年 8月18日(土)~9月 2日(日)
18:30~21:00

◆内容の詳細
 ●幌平橋サマーイルミネーション点灯式
  幌平橋をイルミネーションで彩ります。8月18日(土)18:30より点灯式を行います。
 ●橋下でバーベキュー
  橋下の空間にバーベキューコーナーを設置します。コンロや炭は用意しているので、来場者はお肉等を購入するだけでバーベキューが楽しめます。
 ●河川敷オープンカフェ
  露店と休憩できるスペースを用意します。
 ●豊平川の生き物展示(さけ科学館)
  豊平川の生き物を展示します。
 ●河川の防災と利用についての展示(札幌河川事務所)
  河川の防災に対する啓蒙と利用についてのパネル展示をします。
 ●ふわふわ遊具
  子供大人気の空気で膨らむ遊具を設置します。
 ●ステージパフォーマンス
  地域の学生やアーティストによるパフォーマンスで空間を盛り上げます。
 ●その他の取組
  公益社団法人札幌青年会議所 北海道地区協議会 道央エリア運営会議のアカデミー塾生と近隣住民で協力して、橋脚の落書きを消します。
(8月18日(土)10:00~13:00)

◆開催場所:豊平川(幌平橋及び幌平橋下流左岸河川敷)
◆参加対象:どなたでも参加可
◆参 加 費:無料
◆共  催:一般社団法人札幌青年会議所
国土交通省北海道開発局 札幌開発建設部
      公益財団法人札幌市公園緑化協会
◆後  援:北海道
      札幌市
      札幌商工会議所
◆特別協賛:一般財団法人北海道河川財団
      一般財団法人石狩川振興財団
      平岸中央商店街振興組合

◆クラウドファンディング
プロジェクト名:札幌川見2018 ~だれもが訪れたくなる川辺に~ https://faavo.jp/hokkaido/project/2937

<問い合わせ先>

担当 一般社団法人札幌青年会議所 サッポロの未来創造会議
   副議長 吾田由紀

関連記事

ご意見・リクエストくだサイ!

新年交礼会特集

  1. 1月7日、一般社団法人札幌青年会議所は、2021年度新年交礼会をYoutube配信にて実施しました。…
  2. 公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会に所属する全LOMの新年交礼会開催情報です。 ※情報に…
ページ上部へ戻る