【中標津】マスク寄付、次亜塩素酸水溶液配布の取り組み

中標津青年会議所では、新型コロナウイルス感染拡大防止およびその啓蒙に対する取り組みを実施しています。

4月3日、家政孝徳理事長に用意して頂いた子供用マスク206枚を小学校に入学する新1年生のために町に寄贈。

4月17日には、別海の渡邉清掃株式会社様から寄贈頂いたスーパー次亜水(弱酸性次亜塩素酸水溶液)約7トンをサービス事業部、飲食業連合会、スナック協会をはじめ、一般の方にも無料配布しました。


また愛知県の半田JC様とコラボさせて頂いた「地域を守るための18の目標」ステッカーも合わせて配布し、町の意識喚起への取り組みも行いました。

関連記事

ご意見・リクエストくだサイ!

新年交礼会特集

  1. 公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会に所属する全LOMの新年交礼会開催情報です。 ※情報に…
  2. 1月30日、一般社団法人美唄青年会議所は新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、例年通りの…
  3. 1月7日、一般社団法人札幌青年会議所は、2021年度新年交礼会をYoutube配信にて実施しました。…
ページ上部へ戻る