【旭川】マスク3000枚を市内中学校に配布

新型コロナウィルスが蔓延する中、深刻なマスク不足の状況で旭川市内の小中学校はマスク着用を生徒にある意味義務づけている状況です。
ただ、マスク入手困難な家庭も多く、また学校も生徒に配るほどの準備もできていないのが現状でした。

そんな中、様々な異業種が集まる青年会議所の最大の強みである会員相互のネットワークにより3000枚のマスクを確保することができました。
マスク入手困難な生徒、汚してしまって替えがない生徒などに使っていただくことを目的とし、教育委員会を通して各中学校に配布しました。

関連記事

ご意見・リクエストくだサイ!

新年交礼会特集

  1. 公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会に所属する全LOMの新年交礼会開催情報です。 ※情報に…
  2. 1月30日、一般社団法人美唄青年会議所は新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、例年通りの…
  3. 1月7日、一般社団法人札幌青年会議所は、2021年度新年交礼会をYoutube配信にて実施しました。…
ページ上部へ戻る