北海道の夏や冬のおまつり・イベント、 フォーラムやセミナー、グルメ情報など、 北海道各地の青年会議所の事業や運動を まるまるごそっと発信するポータルサイトです。

HOME > フォーラム > 一般社団法人札幌青年会議所 2018年度 十月「世界の中のサッポロ確立」例会開催のご案内

一般社団法人札幌青年会議所 2018年度 十月「世界の中のサッポロ確立」例会開催のご案内

  • 日時・時間
    2018年10月26日(金) 18:30-20:00
  • 場所・会場
    北海学園大学 豊平キャンパス 5号館 6階 60番教室(MAP)
  • 参加対象
    どなたでもご参加いただけます。
  • 料金・費用
    無料
一般社団法人札幌青年会議所は、10月26日(金)に、札幌市と姉妹都市でありロシア連邦第3の都市ノヴォシビルスク市との互恵関係構築に向けた事業を行います。

一般社団法人札幌青年会議所は、国際関係の理解から札幌の価値あるアイディアを発掘できる民間外交の担い手を育成するとともに、札幌市民と国際都市札幌への未来志向を共有し、次代に誇れる国際都市創造に向けた行動喚起に繋げるため、札幌市と姉妹都市でありロシア連邦第3の都市ノヴォシビルスク市との互恵関係構築に向けた事業を行います。
本例会は3部制となっており、1部では学生、並びにロシアに精通した有識者による札幌・ノヴォシビルスク両市の特徴を報告させていただきます。
第2部では、特定非営利法人未来対話青年協議会~Future Dialogue Junior Council~初代理事長、公益社団法人日本青年会議所2017年度会頭の青木照護氏、在札幌ロシア連邦総領事館総領事ファブリーチニコフ・アンドレイ氏をはじめとする有識者による「未来対話」を通じて、札幌市とノヴォシビルスク市のそれぞれがもつ国際的長所を明らかにして、札幌、北海道が歩むべき国際都市としての方向性を見出して参ります。
第3部では、例会の内容を踏まえて、世界都市サッポロの実現に向けたロシアとの共生都市実現のため、在ロシアシベリア北海道・文化センターとの共同宣言として発表します。
さらには例会前に公益社団法人日本青年会議所が主催する、「JCI JAPAN 2018年度少年少女国連大使」事業の大使によるUNSDGsの報告会も併せ行います。
 本例会は、真の国際都市サッポロの確立に向けた新しい試みを感じることができる設えとなっております。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

<画像はクリックで大サイズになります>

【主催】
一般社団法人札幌青年会議所

【後援】
北海道
札幌市
在札幌ロシア連邦総領事館
シベリア・北海道文化センター

【定員】
400名

【パネリスト】
・特定非営利活動法人未来対話青年協議会理事長            青木 照護 氏
・一般社団法人札幌青年会議所 2018年度 理事長          勝木 征史 君
・一般社団法人札幌青年会議所 2018年度 特別理事         行方 匡胤 君
・公益社団法人北海道国際交流・協力総合センターHIECC       吉村 慎司 氏
調査研究部兼北太平洋地域研究室 研究員
・在札幌ロシア連邦総領事館総領事         ファブリーチニコフ アンドレイ 氏
・オーポラ・ロシア・ノヴォシビルスク     ドンスコイ デニス セルゲイヴィチ 氏
・元札幌市ロシア担当国際交流員        アンナ サヴィヌィフ 氏 
北海道大学 ロシア語非常勤講師
北海学園大学 ロシア語非常勤講師

【ファシリテーター】
一般社団法人札幌青年会議所2018年度副理事長 中目 雄介 君

【駐車場】
会場に駐車場が限られているため、公共交通機関を利用するか近隣駐車場のご利用をお願いします。
◆札幌中心部から
・地下鉄東豊線「さっぽろ」駅または「大通」駅で福住行きに乗車し、「学園前」駅下車。3番出口直結(法科大学院校舎は4番出口)。[乗車時間「さっぽろ」駅から6分、「大通」駅から5分、200円]
◆地下鉄南北線「中の島」駅・「平岸」駅から
・各駅から徒歩で約15分。
・じょうてつバス平岸線[環56](各駅前先廻り)に乗車し、「学園前駅」下車。
[乗車時間「中の島駅前」から約8分、「平岸駅前」から約5分、210円]
◆新千歳空港から
・新千歳空港連絡バス(中央バス・北都交通)「札幌都心行き」に乗車し、「福住」駅下車。
[乗車時間約50分、1,030円] 地下鉄東豊線に乗り換え、「学園前」駅下車。
[乗車時間約7分、250円]


フォーラムについてのお問い合わせ

  • 連絡先
    一般社団法人札幌青年会議所 2018年度 世界の中のサッポロ確立委員会 委員長 石岡 太樹
  • 電話
    090-5984-2777
  • HP